状況に合わせて対応

過払い金を調べてもらったけれども無かった場合や、過払い金では借金問題が解決しなかった場合でも、その他の方法で解決できる可能性は残っています。借金の返済のためにまた借金を繰り返して多重債務に陥ってしまった場合でも、債務整理を行うことによって追われ続けていた借金問題を解決させることが可能になります。債務整理を行う際には借金の額や個人の希望などに合わせた幾つかの方法があるため、弁護士などの法律のプロに頼んで相談してみましょう。

債務整理の方法には、借金の減額や金利をカットしてもらえる任意整理や、マイホームなどの大きな財産を守りながら借金を大幅に減額できる民事再生、借金返済の見込みが無い場合には自己破産などがあります。それぞれの方法によってメリットやデメリットがあるため、よく相談の上で納得いく方法を選びましょう。後は依頼をすれば法律のプロによって必要な手続きが行われます。

借金の問題はとてもデリケートなものなので、中には思いつめて自殺を考えてしまう人もいます。しかし、悩み続けてそのままにしていても借金は減ってはくれません。どうしても自分で解決できない場合には法律を頼りましょう。無料相談などを行っている弁護士事務所などもあるため問い合わせてみることをお勧めします。

過払い金を調べよう

借金問題で悩んでいるという人は、まずは過払い金がないかを調べてもらうことをお勧めします。過払い金とは、利息制限法の上限を超えた利息を払っていた場合の、払いすぎたお金のことを言います。キャッシングやローンなどで長らく借金をしていたという人は、この過払い金が発生している可能性があります。過払い金がある場合は返還請求をすることができ、借金返済にあてることができるだけでなく、過払い金の金額が大きい場合には借金の完済や、更には手元にお金が残ったといったケースも見られます。

しかし、貸金業者は自分から「あなたには○○円の過払い金があります」と教えてはくれません。そのため、過払い金があるかもしれないと思った場合には弁護士などに相談して調べてもらう必要があります。

過払い金を調べてもらうのにお金がかかってしまうのではないかと不安に思われる人もいるかと思いますが、過払い金の診断を無料で行ってくれる弁護士事務所もあるので、そういったところを活用してみましょう。また、過払い金の返還は既に借金を完済してしまった人であっても、原則取引終了から10年の間であれば請求することが可能です。過払い金の返還によって借金問題が楽になるのであれば、一番手軽で嬉しい方法と言えます。

借金問題は弁護士へ

生活をするためにお金が必要だったけれども、気がつけば借金の額が増えすぎてしまい返済が難しくなってしまった。このような状態で悩んでいる人もいるではないでしょうか。借金の返済ができずに困ってしまい、また別の貸金業者からお金を借りてそれを返済にあててやり過ごそうとする人がいますが、この方法は絶対にしてはいけません。短期間に複数の業者から借金をすると個人信用情報機関に要注意人物と見なされてしまい、回数を重ねる度に最初に借りた貸金業者よりも金利が高くなるなど、条件がどんどん悪くなってしまいます。その結果、返済に行き詰ってしまいヤミ金に手を出してしまい、更に苦しくなってしまう悪循環を辿ることもあります。

借りたお金は地道に返していくしかありません。しかし、どうしても返済することが難しく、誰かの手を借りなければいけなくなってしまったり、自殺を考えるようになってしまった場合には弁護士など法律のプロに頼るという方法もあります。

弁護士に相談するにはまたお金がかかってしまうのではないかと不安になる人もいるでしょう。確かに、借金問題の解決を弁護士に委ねると弁護士費用が発生します。しかし、弁護士はお金が無いということもわかっているため、その人に適した返済方法を考え、借金問題を解決する方向へと導いてくれるでしょう。

当サイトでは、借金問題の解決に弁護士を頼ることについて紹介しています。借金問題に答えてくれる無料相談を行っているところもあるので、まずは一度無料相談を試してみてはいかがでしょうか。